久本皮ふ科医院

診療時間 日・祝
9:00~12:00 ×
14:00~18:00 × × ×
休診日

木曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

Q&A採用情報

0836-22-8221

TEL

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は壮年性脱毛症とも呼ばれ、前頭部(額の髪の生え際)や頭頂部(頭の真上)の髪毛が細く軟らかくなり、次第になくなってしまう進行性の病気です。
日本の成人男性の場合、およそ3人に1人がAGAになるといわれており,思春期以降に発症し年齢とともに進行します。なお、AGAの発症は20歳代後半から30歳代にかけて明らかになることが一般的です。

男性型の薄毛の種類

原因

テストステロンが5α還元酵素によって変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)が前頭部や頭頂部の毛包の毛乳頭細胞に結合した結果、軟毛化が生じることがわかっています。
毛が生え変わる毛周期には、成長期、退行期および休止期があります。AGAでは、悪玉男性ホルモンのDHTの働きにより毛周期が乱れます。その結果、成長期が数年から数か月に短縮されてしまいます。前頭部や頭頂部から徐々に頭髪が細く短くなり、最終的には頭髪が生えてこなくなります。

治療方法

日本皮膚科学会のガイドラインではフィナステリド、デュタステリドの内服とミノキシジルの外用を推奨しています。フィナステリドやデュタステリドは5α還元酵素に作用しテストステロンからDHTの産生を減らし、毛周期の乱れを直します。またミノキシジルは毛母細胞に刺激を与え、毛周期の成長期を延長させます。 その他赤色LEDを頭皮に照射する方法があります。赤色LEDは毛乳頭まで到達し、毛乳頭から毛母細胞を活性化する物質の分泌を刺激し、毛成長を促します。治療は一度だけではなく、定期的に継続する必要があるため通院にかかる手間はありますが、さまざまな研究で発毛効果が証明されています。

1内服薬と外用薬

2赤色LED

女性型脱毛症

女性型脱毛症は前頭部や頭頂部に薄毛がみられるAGAとは異なり、頭頂部を中心に比較的広い範囲に細く軟らかい髪の毛が多く生えるようになることで、全体的な髪の毛のボリュームが少なくなるパターンの脱毛です。AGAとは異なりますが、髪の毛が完全に抜け落ちることはまずありません。発症時期についても男性とは異なり、更年期に多発する傾向があります。

女性型の薄毛の種類

原因

女性型脱毛症は”女性に発症するAGA”と考えられていたこともありましたが、男性ホルモンの影響だけでは病態が理解できないことがあり、現在ではAGAとは発症機序などが異なる薄毛と考えられています。現在のところ、女性型脱毛症の明確な発症メカニズムは解明されていません。

治療方法

女性型脱毛症では、AGAで高い効果がみられるフィナステリド、デュタステリドといった内服薬は無効です。
1%ミノキシジル外用薬が日本皮膚科学会のガイドラインで強く推奨されています。ミノキシジルは髪の毛のもととなる毛母細胞に働きかけて成長期を維持する作用と頭皮の血行を改善する作用があります。
その他、頭皮に赤色LEDを照射して、毛根の毛母細胞を活性化し発毛を促す治療法があります。

1外用薬

外用薬の例

外用薬の例(BOSLEY MX5)外用薬の例(BOSLEY MX5)

2赤色LED

よくある質問
Q&A

AGAって何?
AGAはAndrogenic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。
日本人男性の発症頻度は約30%と報告されています。
薄毛は遺伝するのですか?
薄毛は遺伝すると言われております。日々のケアや生活習慣の見直しで進行を遅らせることができます。
薄毛にはどのような食品を多く食べたらよいですか?
残念ながら、ひとつのものを多く食べることで髪が生えやすくなるものは存在しません。食事はバランスよく色々なものを摂取することが大切です。
フィナステリドやデュタステリドを長期間内服すると薄毛がフサフサになりますか?
これらは薄毛の進行を止める薬剤で、髪を増やす力はありません。
フィナステリドやデュタステリドを塗るタイプの育毛剤・発毛剤と一緒に 使えますか?
大丈夫です。一緒に使っても問題になった報告はありません。
フィナステリドやデュタステリドは他の薬との飲み合わせは大丈夫ですか?
大丈夫です。他の薬との飲み合わせが問題になったという報告はありません。
フィナステリドやデュタステリドはどれくらいで効果がでますか?
個人差はありますが、早い人でも3か月、ほとんどの方は6か月以降に実感できることがほとんどです。
フィナステリドやデュタステリドは薄毛が改善したらやめてもいいですか?
治療をやめると、再び薄毛が進行します。
AGAの治療をやめると「以前より髪が少なくなった」と感じるのはなぜでしょうか?
AGAの治療を中止すると「本来の状態」に戻ってしまいます。ここでいう本来の状態とは、治療を始める前の状態ではなく、患者さんが治療をしていなっかった場合のその年齢の状態を指します。これは遺伝子でプログラムされているものであり、残念ながら変えることはできません。
フィナステリドとデュタステリドの違いは?
AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつき、脱毛を促すDHT(ジヒドロテストステロン)ができることです。この5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類があります。
フィナステリドはそのうちⅡ型のみを抑制する効果があります。デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型両方の5α還元酵素の働きを阻害することから、AGA治療薬として優れていると言われています。
フィナステリドとデュタステリドの副作用の違いは?
フィナステリドとデュタステリドは副作用にも共通点が多いです。代表的なものが性機能不全で、肝機能障害もみられます。特にデュタステリドは重度の肝機能障害を引き起こす可能性があり、肝機能に障害がある方は注意が必要です。
ミノキシジルとは?
ミノキシジルは血圧降下剤として誕生しました。ところが、ミノキシジルを使っているうちに「薄毛が改善された」という報告が相次ぎ、発毛効果があるとわかりました。日本では、厚生労働省の承認を得ており、外用剤が販売されております。詳細な機序ははっきりしていませんが、毛母細胞を活性化させ、毛周期の休止期を短く、成長期を長くすることが知られています。
ミノキジルの内服は?
個人輸入サイトからの購入や一部のクリニックでの処方など内服者は少なくないと思われますが、ミノキシジルの内服の有効性と安全性について臨床試験による確認は行われておらず、強力な降圧剤であることや全身の多毛など有害事象もある事から行うべきではないと考えます。
赤色LEDはどのくらいで効果が出ますか?
早い人で6か月、60回以上です。数か月で効果を実感できなくても続けていく根気が大切です。
忙しくて赤色LED治療を受けに行けないのですが?
そんな方に赤色LED照射もできるヘアドライヤーや、帽子の中に装着できるLED照射装置(アデランスヘリックス)もご用意しております。日々の髪のお手入れの際に、車で通勤時に、あるいはテレビを見ながら照射することもできます。

料金表
ABOUT THE CHARGE

男性型薄毛治療
~女性には効果がありません。~

内服薬(28日分)
プロペシア(28日分) 9,400円
ザガーロ(30日分) 10,400円
フィナステリド(プロペシア後発品)(28日分) 6,400円
デュタステリド(ザガーロ後発品)(30日分) 7,700円
肝臓機能を含む血液検査 1,100円(実費)

AGA治療薬は、安全性の高い薬と言われています。しかし、薬である以上、長期服用において副作用が起こる可能性がまったくゼロではありません。(急性肝炎などの肝機能障害が、0.2%の報告があります。)
当院では、そういったリスクの観点から、年に1回以上の採血検査をお願いしております。

男性型・女性型薄毛治療
~男性、女性とも効果が期待できます。~

LEDライト照射 ※最初1回は、無料体験できます。
1回(都度払い) 2,000円
月額(12回まで) 10,000円
外用薬
男性用 ミノキシジル5%(60ml) 5,450円
女性用 ミノキシジル1%(62ml) 4,450円

注文商品
~ご家庭でのケアに(赤色LEDライトがついています)

アデランス ドライヤー 47,300円(税込)
アデランス ヘリックス
(ご自分の帽子に装着できます)
59,400円(税込)