Menu

美容皮膚科

Home
美容皮膚科 | 医療法人社団久本皮ふ科医院 宇部市 皮膚科 レーザー治療 しみ 脱毛

美容皮膚科

シミ

ホクロ

シミとは30歳前後から発生する顔の色素沈着といわれていますが、
実際にはいろいろな種類があり、その違いにより治療は異なります。
シミは大きく4つに分けられます。

1.老人性色素斑

一般にシミといわれるもので、境界がはっきりした円形~楕円形で、淡~濃茶色です。
顔のほか手背にもできます。
老人性と名称がついていますが、年齢にはあまり関係がなく、紫外線によって引き起こされます。

2.そばかす

両頬から鼻にかけて見られる直径5mm以下の淡い茶色のシミです。
子供のころから存在し、思春期に濃くなりますが、成人後も紫外線の影響で数が増えていきます。

3.肝斑

30~40歳代以降の女性のほほ骨の上にできる、左右対称性の境界のはっきりしない
モヤモヤとした淡い茶色のシミのことをいいます。
老人性色素斑が島状であるのに対し、肝斑は大陸的です。

治療の最大のポイントは顔をこすらないようにすることに尽きます。
レーザー治療は肝斑を悪化させ、濃くなることが多いため、禁忌とされてきましたが、
最新のレーザー治療機器の投入により、肝斑への治療が可能になりました。

4.後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

13歳以上に初発する顔面の灰褐色の色素斑で、多くは左右両側にみられます。
独特のくすんだ色が特徴的です。

当院のシミの治療

当院のシミの治療

脱毛

脱毛についてはこちらをご覧ください。

▲ページトップへ

ホクロ

ホクロ

ホクロは正式には母斑細胞母斑といい、母斑細胞が増殖した良性腫瘍です。
診断する上で重要なのは癌ではないかどうか見極めることです。
悪性黒色腫(ホクロの癌)の特徴を以下に示しておきます。
・大きさが7mm以上
・形がいびつで、色むらがある。
・境界が不鮮明
・急に大きくなっている
御心配になられた方は、皮膚科専門医に相談されて下さい。

【治療】
悪性かどうか心配な症例や、盛り上がっていてひっかかるホクロは
局所麻酔をした後、除去するようにしています。
ホクロを取る方法はくり抜き法と炭酸ガスレーザー治療の2つがあります。
どちらの方法を選んでも、必ず病理検査(ホクロの細胞や組織を顕微鏡で
詳しく検査すること)を行うようにしています。

▲ページトップへ

にきび(ニキビ)

にきび(ニキビ)

にきび(ニキビ)は性ホルモンの働きなどにより、毛穴の中の油分が増え、
毛穴の出口がつまることから始まります。
この結果、毛穴の中に皮膚の角質や皮質がたまり続け、
にきび(ニキビ)が目に見えるようになります。
これが白ニキビ(毛穴が閉じて白っぽく見えるタイプ)、
黒ニキビ(毛穴が開いていて毛穴の汚れが黒く見えるタイプ)の状態です。
ここにニキビ菌が増殖すると炎症が起こり、膿をもったり、
赤く腫れた状態の赤ニキビになります。

【治療】
ディフェリンが合わない方や、できるだけ早く治療効果を出したい方などには、
保険外治療もあります。当院では、最新のレーザー機器を使っての治療が可能です。

▲ページトップへ

にきび痕・毛穴の開き

赤ニキビのうちに適切な治療を行わなかったり、無理やりつぶしてしまうと、皮膚の炎症は毛穴周辺だけでなく、
真皮や皮下組織にも及んでしまうことがあります。
そうなると、高い確率でクレーターやしこりなどの凹凸状のニキビ跡が肌に残ってしまいます。
このタイプのニキビ跡は、これまで残念ながら完治させるのは難しいと言われてきました。

▲ページトップへ

しわ

しわは、皮膚機能の低下など内的要因と紫外線や乾燥などの外的要因が重なってできます。
皮膚の真皮層には皮膚の弾力や潤い・ハリを保つコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が含まれています。
紫外線や乾燥、加齢などの影響で真皮層のそれらの成分が減少・破壊されることで、
皮膚の弾力やハリが低下し、次第にしわとなるのです。

▲ページトップへ

毛穴の開き

にきび(ニキビ)

毛穴の開きの原因として、一つは老化があります。
皮膚のたるみが原因となって、毛穴が縦長に目立った状態。
目の下、頬などによく見られます。
二つ目は皮脂分泌過剰によるもの。
皮膚表面を覆い外的刺激から皮膚を守る役割のある皮脂も、
過剰に分泌されると、角質と混ざり合い毛穴に詰まります。
また、ニキビ跡による毛穴の開きなどもあります。

【治療】
これまで難しかったニキビ跡、しわ、毛穴の開きを治療可能となったのが
画期的なフラクショナルレーザー治療です。

●選べるフラクショナルレーザー治療
 フラクションとは、「ごく小さな」という意味で、その名前のとおり、微細なレーザーを照射して、
皮膚に極細の穴をあけていきます。
その傷を修復するために“自然治癒力”が働くので、そのパワーを利用して、ニキビ跡、しわ、毛穴の開きを治す方法です。
【2種類のレーザー】
フラクショナルレーザーには組織に対する破壊力・穴の深さ・ダウンタイムなどにより、大きく分けて2種類のレーザーがあります。
ご要望に合わせて、「ダウンタイムが短めの、やさしいレ-ザー」か「ダウンタイムは長めで、しっかり治療するレーザー」の
どちらかを使い分けます。

●しっかり治療したい方に(ダウンタイムが長め)
強めのフラクショナルレーザー(機種名 エコ2)を使用します。一平方cmに75~200本の微細な炭酸ガスレーザーを照射します。
【特徴】
・施術時に多少の痛みがあります(麻酔クリームを使用します)。
・施術後に約10日間のダウンタイム(赤み、ザラツキ、腫れ、点状出血)があります。

●やさしく治療したい方に(ダウンタイムが短め)
やさしいフラクショナルレーザー(機種名 アファーム)を使用します。1平方cmに1200本のNd:YAGレーザー
(1440nmと1320nmの2種類)を照射します。
【特徴】
・施術時に、軽度の痛みがあります。
・施術時のダウンタイムは約1日です。

●施術の流れ

1.カウンセリング

症状、ご要望,可能なダウンタイムなど、患部の状態を診ながら、どちらかのフラクショナルレーザーが最適かを提案します。

2.施術

洗顔をして、レーザーを照射する部位のメイクを落として頂きます。必要な場合は、麻酔クリームを塗布します。
最低30分お待ち頂いた後、レーザー照射をおこないます。範囲にもよりますが、施術時間は約15分です。

3.施術後

照射部位をしっかりと冷却します。
エコ2を照射した場合は、当日は点状出血が見られることがありますので、メイクは控えて下さい。
また、顔をこすったり刺激することは避けて下さい。アファームを照射した場合は、赤みがありますが、治療直後からお化粧が可能です。

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は、成人男性によくみられる髪が薄くなるという状態で、
額の生え際や頭頂部の髪の毛のどちらか、あるいは双方が薄くなってきます。
これは男性ホルモンが関係するといわれています。AGAは進行性で何もしないでいると徐々に進んできます。

【治療】
プロペシアという飲み薬による治療がベストです。
これは、AGAの原因である男性ホルモンの産生を阻害する薬で、抜け毛の進行を抑えてくれます。

【注意点】
効果の判定には、6ヶ月の内服が必要となります。
薄毛が改善して服用をやめると、再び薄毛が進行します。服用を続けることが重要です。

▲ページトップへ

ご質問・お問い合わせはこちらから